つくとり制覇を前に

もうね・・・なんていうか・・・
いろいろ差し引いても個人的に傑作。
個人的にシナリオとしては最上レベルだったEVER17超えた。
(とは言ってもジャンルが違うが
おそらくストーリーをもう少し練り直して、文章をしっかり校正すれば、そのまま作家としてデビューできるレベル。
もっと素晴らしい作品はあるだろう、という人もいるだろうけど、ある程度万人でも読み易い文章である点を加味すれば問題ないだろう。
前回一言で「秀逸」と言ったがあくまでそれは表現という点で。
「つくとり」という作品について一言で表現することはどうやら自分にはできないようだ。
話がどうとかこれはそういう問題ではなかった。
そのくらいに様々な要素が混ざって組み合わさっていて・・・。

決して万人にオススメできる作品ではないかもしれない。
(○○○の表現など難しい題目を挙げている点、それを○○○○として扱っている点等
けどやっぱり読んだ人に何かしら衝撃を与える作品だったと自分は思った。

ああ、一番いい表現があった。
あぁ・・・そうかこれはゲームじゃなかったんだ。
というかむしろこれをゲームとして楽しめた漏れは贅沢すぎるな。
ふむ・・・正直な感想だった。

さて・・・最後はどんな顛末を用意してるのやら・・・
つか感想言うの早すぎたな_| ̄|○
[PR]

by hatanyori | 2007-06-20 04:43  

<< つくとりの呪いは・・・ 老化を認識できる辺り >>